学べる機会を確保して好きな仕事に就こう【人気スクールナビ】

洗練された技術

マンガは洗練された文化である

手塚治虫から本格的に始まった日本のマンガ文化は、今や世界のどの国も容易には真似のできない、非常に洗練された文明文化の一つとしてすっかり定着しました。マンガがここまで高度なものに進化し、また今もなお進化し続けているのは、多くの日本人が持つ先人への敬意と創作物に対する改善の情熱が原因ではないかと思います。名作が生まれ、その読者がやがてはより優れた名作を生み出す、という最高のサイクルが作られているのです。 一昔前は「マンガなんて読んでいるのはロクな奴じゃない」などと言われたものですが、今時はそんなことを言った方が頭の固すぎる人物として噂されてしまうでしょう。世界を見渡しても、ワンピースほど売れた書籍は数えるほどしかないという事実が、そのことを強く裏付けています。 洗練された文化であるということは、翻って考えると非常に複雑で膨大なノウハウがあるということでもあります。 一流の料理人になろうとする人が他の優れた料理人に弟子入りするように、マンガもまた無数の先人が築き上げたノウハウを習得するために何かしらの教育を受ける必要があります。

文化は独学では限界がある

現役のマンガ家と知り合っていればアシスタントになるのが早いのでしょうが、そんなつながりはそうそう持てるものではありません。ですので、より手軽な専門学校という選択肢が出てきます。 ちゃんとした専門学校ならば、現役あるいは元現役のマンガ家を講師として迎えていますので、そういった方々に質問する機会がもらえるだけでも受講する価値はあるでしょう。幸い、現在はマンガの専門学校がたくさんありますので、納得するまで吟味することができます。専門学校の公式ホームページやネットの掲示板の評判などで、誰が講師として在籍しているのか、どれくらいの卒業生が活躍しているのか、人生の岐路だと思ってじっくり調べましょう。 また、どんなにいい専門学校でも、高校の授業と同じ感覚で適当に聞き流してしまっては決して身につきません。漫然と日々を過ごすのではなく、一日一度は講師に質問をするくらいの熱意で学び続けることこそが何より重要だということを忘れないようにしましょう。

Designed by CSS.Design Sample